スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
ロミオとジュリエット完全レポ2
2009 / 04 / 25 ( Sat )
ロミジュリレポ後半が完成しました。
これで完結です!続きからどうぞ!




ロミオはキャピュレット家の庭園に忍び込み、ジュリエットと再会を果たす。
名前を知ってもお互い愛する気持ちは変わらない。それを確かめ合った2人は、明日結婚しようと誓い合う。
翌朝、ロミオはロレンス神父に掛け合い、今日結婚式を挙げてほしいと頼む。
初めは反対していた神父だったが、2人の結婚によってモンタギューとキャピュレットが和解するなら・・・と、式を挙げることを承諾する。
ただし式が終わるまでは、どんなに親しい者にでもこのことを口外しないようにと約束させるのだった。



【街の広場】
マキューシオ「やったー!やったぞオレはついにー!」
叫びながらマキューシオが勢いよく登場。
いつにも増してテンションが高いです。
マキューシオ「おぉ、いた!なぁ、ベンヴォーリオ!聞いてくれ!」
言いながら階段を駆け上がり、何があったかをジェスチャーで伝えようとします。
はい、ここでジェスチャークイズ!

マキューシオ(両脚広げて箱を持ち上げて、歯を食いしばりながら足を小刻みにパタパタ動かして重そうに運ぶ)
ベンヴォーリオ「・・・引越し?」
マキューシオ(箱を置いて振り向き、驚いた表情で自分を指差す)
ベンヴォーリオ「え?オレ?」
マキューシオ(左手を腰にあて、右人差し指を立てて動かしたあと、親指を自分に向ける)
ベンヴォーリオ「お前だ!来い!」
マキューシオ(両手を挙げて、右足引いて、左上を指差す)
ベンヴォーリオ「やったー!サー・・・シュピーン!」

このジェスチャーすっごくかわいかったぁ!
動きもかわいいんですけど、表情が豊かだから見てて楽しくて♪
とどめはジェスチャーした後、両手をベンヴォーリオに向けて、「はいっ」って答えを促すときの笑顔ですね!
すっごく嬉しそうでかわいいのー!!
ここはたまに翔央くんのアドリブが入って、全然関係ないのに巨乳のジェスチャーしてたときもありました(笑)
もちろんこんなジェスチャーで伝わるはずはなく、ベンヴォーリオの答えは的外れ・・・。
マキューシオ「バカ、船だよ!乗れることが決まったんだ船に!」
ベンヴォーリオ「今のじゃわかんないよ。だって船じゃないじゃん」
マキューシオ「自分で決めてきた。港に通って顔を売って、積荷の上げ下ろし手伝って、そしたらギリシャ行きの航路に欠員が出て、乗れることになったんだ!
来月出発!帰りは春になる」
 ←両手を挙げて、右足引いて、左上を指差しながら
ベンヴォーリオ「あ、今の動きソレね」
最後のは喜びを表すジェスチャーだったようで。
ここで毎回お客さんが笑ってくれるのがなんか嬉しかったです。

「とうとう夢が叶ったー!」とはしゃぎながら、マキューシオがベンヴォーリオの背中に飛びつくと、ベンヴォーリオの手から小銭の入った袋が落ちます。
マキューシオ「おい、なんだこの金?」
それは昨日からロミオの様子がおかしいので探ってきてくれと、ロミオの父から頼まれて渡された金だとのこと。
そこへちょうどロミオが登場。
マキューシオ「噂をすれば、ロミオ。おい、ロミオ聞いてくれ、大ニュース!実はオレ船に乗れることに・・・」
しかしロミオはマキューシオの言葉がまったく耳に入らず、心ここにあらずという状態。
マキューシオ「おい?おい?お~い!おい!戻ってこーい!」
ベンヴォーリオ「いつにも増して変だ・・・」
マキューシオ「腹立つなコイツ」
苛立ったマキューシオは「コレ見ろ!」とお金をロミオに押し付ける。
ロミオ「何だよ、この金・・・」
マキューシオ「ペンヴォーリオがお前の父上に仰せつかったそうだ」
と正直に話し、事情を聞きだそうとする。
マキューシオ「でも俺らの間に隠し事は一切なし!ということで、お前も教えてくれるよな。
何があった?昨夜」

しかしロミオははぐらかして答えようとしない。
さらに追求するマキューシオ達。
マキューシオ「だってどう考えたっておかしいぜ~」
ベンヴォーリオ「何かいいことあった?」
ロミオ「うるさい!このモジャモジャした頭のモジャ男!なんだその髪の毛!」
ロミオ様逆ギレ(笑)
ここでは上田くんがいつもモジャ悪をいじっていました。
「踊ったら教えてやる」「彼女はいるのか?」「金貸してくれ」「芋虫の真似しろ」「教えて欲しいなら誠意を見せろ」
などなど、毎回アドリブしてたんですが、最終的には「教えない!」と言うので、
ベンヴォーリオから「自由な人だ・・・」とか「噂どおりのドSだ」とのツッコミが。
マキューシオはアドリブには加わることなく、2人のやりとりを冷静に見ているんですが、
マキューシオ「わかった。」
そう言って剣を抜いて、その剣先でベンヴォーリオの剣の柄を引っ掛けて抜き、それをロミオの前に落とすんですけど、この仕草が実にスマートでかっこいい!
マキューシオ「勝負だ。もし負けたら吐けよ~。それっ!」
ロミオに突進しながら回転切りを繰り出すマキューシオ。
このフォームがすっっっごくキレイなんです!!!!
瞬きしてると見逃しそうなくらい素早くてキレがよくて、何度見ても惚れ惚れしちゃいます。
マキューシオ「嫌なら本気だしてこー」
再びロミオに切りかかったあと、ロミオが拾おうとしない剣の柄を、自分の剣で引っ掛けて拾います。
ここたまにうまく剣を拾えなくて手で拾うことがあったんですが、それでも焦ることなく対処できてさすがでした。
マキューシオ「それとも何か?そのご大層な秘密1つ、自分の力じゃ守れないって?」
挑発されて、やっと剣を手にするロミオ。
マキューシオ「やっぱり何かあるな。じゃなきゃこんな・・・」
ここで片膝ついて切りを3回!この切りも素早くてすごくキレイでした!
この舞台でマキューシオの殺陣のシーンは3回ありますが、ここの殺陣が一番好きです。
相手に対する敵対心が感じられないので、見ててワクワクするの。
素早く回転したり、まるでダンスのステップを踏むかのような軽やかな動きがあったり、ジャンプして空中で剣を交えたり、本当に楽しい♪
ロミオ「その代わり、オレが勝ったらちょっとの間でいい、ほっといてくれよ!あとで必ず話すから」
マキューシオ「勝てると思ってるんだ?へぇ~?」
マキューシオは剣の達人なので、ここでは常にリードしていましたね。

と、ここでバリヤが登場。
途端にロミオはバリヤに駆け寄り、式の段取りをこっそり話し合いだします。
そんなロミオを見たマキューシオは・・・。

マキューシオ「もういいよ!バカバカしい。行こうぜ」
ベンヴォーリオ「船に乗れることロミオに報告しなくていいのか?」
マキューシオ「いいよ!だってあいつ、俺らのことなんかもうどうでもいいって感じだし。
いつまでもガキみたいにつるんでるのもさ・・・。
もうお互いそれぞれ、別の道がある。そういうことなんだろ!」

目を剥いて怒りながらハケるんですが、あまりにも大きく見開くから目がこぼれ落ちるんじゃないかと思っちゃいましたよ(笑)
ただこのシーン、舞台の中央でバリヤがロミオに抱きついたりしてるから、お客さんの笑い声でマキューシオのセリフが聞こえにいんです。
ここはマキューシオの孤独を表したシーンなので、真面目な演出にしてくれた方がマキューシオの最後のシーンが生きてくると思うんですけど。


バリヤとロレンス神父に祝福され、密かに結婚式を挙げたロミオとジュリエット。
しかし一方でロレンス神父は、2人の愛の激しさに胸騒ぎをおぼえていた・・・。




場面は変わり、再び街の広場。
ベンヴォーリオが街の娘たちに上等な生地をプレゼントして、デートを要求しています。
街の娘「デートね。OKよ
ベンヴォーリオ「いや、相手はオレじゃなくて・・・」
マキューシオ「アーゥ!」 ←例のポーズで(笑)
マキューシオが上手の階段から登場。
ここ最初は股間に手を当ててるだけだったんですが、後半では腰振りもプラスされていました。
翔央くん、実に腰が柔軟ですね(笑)
街の娘「マキューシオじゃ嫌よ!ガツガツしてすぐに押し倒そうとするんだから!」
マキューシオ「おい、誰がいつガツガツしたんだよ!」
街の娘「この・・・ケダモノ
・・・と言いつつなぜか抱きついてくる街の娘を「お前がケダモノじゃ!」と突き飛ばし、
怒って立ち去ろうとする娘達に
マキューシオ「おぉ、おぉ、行け~。前だけ見てろ~振り向くな~散れ~ブース!ブース!」
仰け反って口尖らせてからかうと、さらに娘達は怒って「バカ!」「モジャ男!」「ババァ!」なんて言い合いに(笑)。
そんなことしてるから評判悪くなっちゃうんですよ~。

そこへ娘たちと入れ違いにティボルトが登場。
ティボルトが現れた途端、舞台は緊迫した空気に。
かなり機嫌が悪いティボルトは、ベンヴォーリオの生地を踏みつけて唾を吐きかけます。
マキューシオ「おい!こら、てめぇ!何だ、今の。見たぞ。とことん舐めた真似しやがるなぁ、この腐れ小役人が!」
ティボルト「黙れモンタギューの外道が!気がつくとヒルのように現れるな」
マキューシオ「あいにく今日のオレは虫の居所が悪い!」
ティボルト「気が合うなぁ・・・。オレもだよ」
マキューシオ「だから唾吐いてウサ晴らしか~。とことん性根が腐ってんな!反吐が出る!」
ティボルト「反吐が出るのはこっちだ。モンタギューに尻尾を振って取り入るしかできない憐れな孤児が偉そうに」
面白がるように笑っていたマキューシオが、これを聞いて怒りの表情に一変!
マキューシオ「貴様・・・叩き切ってやる!

マキューシオvsティボルト再びです!
殺陣が始まった直後、マキューシオは下手側の階段に駆け上がり、降りると同時に2回連続片手側転という大技を披露!
狭いステージなのを感じさせないくらいダイナミックなアクションに、客席から「おぉ~」という声が聞こえたこともありました。

そこへやってきたロミオが2人の間に割って入り、マキューシオはベンヴォーリオに押さえつけられてしまいます。
ティボルトはロミオとも戦おうとするんですが、ジュリエットとの結婚のことを話したいロミオは剣抜きで話し合おうと説得を試みます。
ロミオ「オレはおまえと仲良くしたいんだ。それこそ兄弟のように・・・」
ティボルト「はぁ!?」
マキューシオ「耳を疑うぞロミオ・・・・いつからそんな腑抜けのいくじなしに成り下がった!!
事情を知らないマキューシオは激怒!
そのあとロミオとティボルトの戦いを見ているんですが、ロミオを心配しつつ、でも訳がわからないという感じでちょっとポカーンとしている表情も上手かった!
なんでこんなに細かく感情を顔に表せるんでしょう?本当にすごいです。

ロミオの発言からジュリエットの結婚相手を知ったティボルトは、ロミオを殺そうとします。
するとマキューシオがベンヴォーリオの制止を振り切り、ロミオの前に飛び出していきます!
ロミオはなおも2人を止めようとするも、血の気の多いマキューシオの怒りは収まらず・・・。

このあとの殺陣がすごい大迫力!
とにかくスピード感がすごくって、目が離せません!
特にマキューシオの、ターン→突き→ターン→突き→上半身を反らせてティボルトの剣を避けるっていう流れが美しすぎる!
このターンの早さがハンパじゃないんです!さすが翔央くん!
これちょっとでもタイミングがズレたら怪我しちゃうと思うんですけど、全然スピードを緩めないの。
たっくさん稽古したんだろうなぁ・・・。
そういえば大阪でティボルトが剣を落としてしまって、殺陣が中断されてしまったことが一度だけあって。
どうするんだろう!?ってハラハラしながら見てたら、すぐにマキューシオがティボルトに飛び掛っていって、即興の立ち回りを演じたんです。
翔央くんって本当に舞台度胸あるなーって感心してしまいました。


そして・・・とうとうこのシーンがやってきてしまいました・・・。
争いを止めようと、ロミオがマキューシオを羽交い絞めにした瞬間!
ティボルトの剣がマキューシオの腹を貫いた・・・!
刺された瞬間目を見開き、剣を抜かれると同時にその場に崩れ落ちるマキューシオ。

マキューシオ「しまった・・・腹に・・・」
苦しそうに呼吸しながらも強がって起き上がり、
マキューシオ「大丈夫、かすり傷だ」
ベンヴォーリオ「大丈夫なわけないだろ、こんなに血が出て・・・」
ロミオ「嘘だ・・・・・・!」
マキューシオ「ああ、嘘さ。こんなの、なんてことない、かすり傷・・・・ぅおぇっ!」
ここでいつも悲鳴上げそうになるんです!
だって翔央くんがすごく辛そうな顔して倒れるから、もう見ていられないー!
ロミオ「こんなの、お前が言うとおり、かすり傷だ・・・。すぐに直る」
マキューシオ「もちろん!だってオレは・・・船に乗るんだから」
辛そうに立ち上がり、止めるロミオを突き飛ばして、刺されたのにも関わらず舞台を一周し階段を駆け上がります。
ちなみに、気付きにくいんですがここから海の中のような青い照明が当てられていました。
マキューシオ「もうすぐ、広い大海原に繰り出して、
金銀財宝、船いっぱい、面舵いっぱい・・・・。
ニシン、コショウ、金細工、絹、小麦・・・
いつか持ち帰ってみんなに・・・・・・

モンタギューのため・・・・・・

親友のため・・・・・・・・・・」


階段を降り、舞台の中央で弱々しい笑顔を見せたあと・・・


バタッ・・・・


とうとう夢を叶えることなく、息を引き取ってしまったマキューシオ・・・。
翔央くんの熱演に、周りからすすり泣きの声が・・・。
最後まで見事な演技を見せてくれた翔央くんに、ここで拍手を送りたいくらいでした。





マキューシオを殺されて激昂したロミオはティボルトを殺してしまい、ヴェローナ追放を言い渡される。
事件を知り悲しむジュリエットだったが、それでもロミオへの想いは断ち切れない。
ロミオはこっそりとジュリエットに会いに行き、一夜を共にする。
しかしジュリエットはパリス伯爵との結婚を命じられてしまう。
知恵を授けてもらうため、人目を忍んでロレンス神父のもとへ行くジュリエット。
ロレンス神父は、ジュリエットに仮死状態になる薬を飲ませ、墓に入ったところにロミオを呼び、2人で逃げるという計略を企てる。
言われたとおり薬を飲み、仮死状態になったジュリエット。
しかし伝令が遅れたせいで、ジュリエットが仮死状態になっているということがロミオに伝わらず、
ベンヴォーリオからジュリエットの死を知らされ、悲しみに暮れたロミオはジュリエットの墓の前で毒を飲み自殺する。
薬の効果が切れて目覚めたジュリエットは、ロミオの後を追ってナイフで胸を貫く。
そこへ駆けつけたロレンス神父が2人の死体を発見。
自分の行為の間違いを悔い、2人の死を教訓に、変わりましょう、この国も・・・と呼びかける。

この2人の想いを、この悲しい恋を、平和という永遠に・・・
この一瞬を、永遠に・・・・・・



―― 完 ――




☆カーテンコール☆
まず出演者が1人ずつお辞儀して、そのあと全員手を繋いでお辞儀してくれました。
翔央くんは毎回折りたたみの携帯並みに深いお辞儀をしてまして、感謝の気持ちがすごく伝わってきました。
実は私が一番泣ける場面がカーテンコールだったりします。
上演中は完全にマキューシオなんですけど、カーテンコールのときだけは翔央くんなんです。
本当にビックリするくらい全然顔が違うの。
いつものニカーっとした笑顔とか、はにかんだような笑顔が見れると泣きそうになるくらい嬉しかったです。
2回目のカーテンコールでは、お辞儀したあとバンザイするような感じで両手を上げてまして、そのポーズかわいかったな




以上です。
正味30分くらいしか出番なかったと思うんですけど、結局こんなに長いレポになってしまいました。
お付き合いいただき、ありがとうございました。
全体の感想としては、現代版ということで言葉遣いも分かりやすいし、前半は笑えるシーンもありましたし、今まで見たシェイクスピア劇の中では一番見やすかったです。
悲劇なんですが見たあと暗い気持ちにならず、不思議と清々しい気持ちになれたのは、カンパニーの温かい雰囲気が伝わってきたからでしょうか・・・。

そして翔央くん。
前よりも演技が上達してましたし、毎回全力で演じていて、本当にマキューシオとして生きてるという感じでした。
姿勢も猫背になることはなく、常にピシッと背筋伸ばして胸張ってたので、いつもよりスタイル良く見えてすごくかっこよかったです。
翔央くん、今回も本当にいいお仕事しましたね。
この舞台を見て、翔央くんは絶対良い役者になる!と改めて確信しました。
それと、自分が翔央くんのファンでいられることの幸せを実感しましたよ。
翔央くん、本当にありがとう
また翔央くんが舞台に立ってくれる日を、楽しみに待ってます。
スポンサーサイト
15 : 39 : 54 | ロミオとジュリエット | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<莉央くんおめでとう♪ | ホーム | ロミオとジュリエット完全レポ1>>
コメント
----

こんなに詳しいレポ、今まで見たことありませんっ!
ありがとうございます☆

まだ公演中のときに詳しいレポをとコメントされていましたが、ここまで詳しく、
しかも翔央くんがメインにレポされていてビックリです!
思い出がよみがえります・・・。

レポを読んで翔央くんがこんなにいい舞台に出演出来たのだなぁと改めて感じました。
by: みのりん * 2009/04/27 19:34 * URL [ 編集] | page top↑
--レポありがとう~--

愛翔さんお疲れ様でした~
いつもの通り素晴らしいレポをありがとうございました!

私は愛翔さんのレポが大好き!^^
これを読んで素敵なマキューシオ様がもう一度観られます~
マシューシオ様は本ッ当に、カッコよくて最高でした!!

最近テレビとか翔央くんの出番が少なくてちょっと寂しいですけど、気持ちが変わりません。ずっと翔央くんのことが大好きで、見守っていきたいです。

次の翔央くんの生演技観るのを期待しています。^^
by: Mabel * 2009/04/30 14:18 * URL [ 編集] | page top↑
----

愛翔さん詳しいレポありがとうございます!
見に行けなかったのですっごく嬉しいです♪
本当に素敵な舞台だったんですね^^
by: YURI * 2009/05/01 11:36 * URL [ 編集] | page top↑
----

みのりんさん>
かなりの回数観ましたから詳細なレポ書けました。
自分でも読み返して想い出に浸っています。
本当、いい舞台でしたよねー!


Mabelさん>
そう言っていただけると嬉しいです。ありがとうございます!
私もMabelさんと同じで、翔央くんの露出が少なくても気持ちは変わらず、これからも応援していきます。
次の翔央くんの舞台、楽しみですね♪


YURIさん>
レポ読んでいただきありがとうございます^^
観ていない方にも、舞台の素敵さが伝わっていれば嬉しいです。
by: 愛翔 * 2009/05/05 20:11 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://flightsyty.blog72.fc2.com/tb.php/279-db7f33b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。